2009年09月08日

鈴木和雄 クロマグロと弁護士 クロマグロは減っている2

鈴木和雄です。



クロマグロが減っている原因のひとつが



まき網と呼ばれる漁法で



クロマグロがの稚魚などが



大量に獲られているためだそうです。



その稚魚を海上のいけすで育て、



養殖する方法がスペインなどで



盛んになったことが影響しているようです。


posted by マグ雄 at 11:58| Comment(0) | 鈴木和雄 クロマグロと弁護士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木和雄 クロマグロと弁護士 クロマグロは減っている

鈴木和雄です



大西洋まぐろ類保存国際委員会の推定だと、



大西洋・地中海地域にいるクロマグロの量は



1974年の約30万トンをピークに減少しているそうです。



なんと、クロマグロの量は現在は8万トンくらいに



なってしまっているようです。





posted by マグ雄 at 11:53| Comment(0) | 鈴木和雄 クロマグロと弁護士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木和雄 クロマグロと弁護士 クロマグロって何?

鈴木和雄です。



そもそもクロマグロとは



どのマグロのことでしょう



マグロには、ビンナガキハダメバチなど



様々な種類があります。



クロマグロはホンマグロのことです。



マグロの中でも最高級品とされるのがクロマグロです。



日本では、世界でとれるクロマグロの



約8割を食べているのです










posted by マグ雄 at 11:49| Comment(0) | 鈴木和雄 クロマグロと弁護士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。